最近の変化

試し刷り

冊子印刷を行う印刷会社がここ最近、大きく変貌を遂げてしています。
ある意味欧米化しているとも言える特徴を持つことになりますが、業務内容の効率化とともに短納期、低価格化が進んでいます。
これまでの冊子印刷における手間のかかり具合はかなりのもので、試し刷りと品質チェックを何度も繰り返すことによってクライアントの求めるイメージに近づけて制作してきたものです。
けれども最近においては、比較的短期間で作業を終えて納品という流れになっています。
その業者における業務効率化の背景にあるものが、ネットによるコスト削減です。
欧米では品質の管理は早くからワークフロー化と効率化の元に進められており、品質チェックもそれほど行うことなく即納品というスタイルによって業務拡大を進めてきたものです。
日本においてもネットプリントの普及によって同じように、全国から集めた仕事を付け合わせて効率良く印刷を行い、紙の無駄も極力抑えて低価格化を実現しています。
これまでのように仕事の一点ごとに細かく色補正を行うことなく、同じ色バランスで刷ることにより、大幅にコストを抑えることにつなげています。
色の補正に関してはレタッチ作業で行うために、業者としては印刷技術に長けた人材を確保する必要が無いことから、人件費の削減をも行えるようになったわけです。
そして一度に大量の冊子印刷を行うことによって、短納期にも応えることができることにより、機会損失も大きく減らすことができるようになったわけです。

オススメリンク

印刷機

今後について

以前に比べると紙ベースの印刷量は減少しているものの、その分冊子一冊あたりの単価が上昇している傾向にあります。
そのため、今後は印刷に求められる技術やスキルが向上するだろうと考えられています。
また、見てすぐに捨てるだけではなく、視覚的に認知できる以…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031